'; ?> 築地伏高の絶品「天日干しするめ」 夏のギフト2008|和食器益子焼販売 樂raku

築地伏高の絶品「天日干しするめ」

築地伏高の絶品「天日干しするめ」

商品写真 商品写真 商品写真 商品写真 商品写真

商品説明

築地伏高の絶品「天日干しするめ」

●商品番号:titi-ika

●内容:
築地仲卸 伏高 の絶品「天日干しするめ」3枚1袋

●税込み販売価格:1,575円(税別1,500円)
※一袋3枚(270g〜290g)


特別販売継続中です!

画像の陶器は別売りです。↓ご一緒にどうぞ♪
商品写真商品写真
日本酒晩酌セット

【夏だけの特別販売♪】
築地から「特別追加仕入れ」を致しました!在庫のみの特別販売です!旨いですよ♪(by樂rakuスタッフ。)

【作品の特徴】
新鮮な前浜のスルメは黒い!
「素材九割」と魯山人は言っていますが、鮮度が抜群のイカを加工すれば美味しい干スルメに仕上がります。(by築地伏高)

【築地伏高さんのコメントより】
「前浜」 とは「目の前の海」と云うことですから、岸から船でせいぜい一時間以内の海を指します。イカ釣漁は夜中の仕事です。翌朝の6時にセリが開始されるので、それまでに釣ったイカを水揚げせねばなりません。短時間で港まで戻れる前浜で操業していれば、鮮度が抜群のまま水揚げされ、セリにかけられます。
セリ落とされた鮮度抜群のイカですが、のんびりと加工していたらすぐに鮮度が落ちてしまいます。ですから、 朝7時からイカの裁割(サイカツ)が行われます。
裁割(サイカツ)とは、 包丁で胴を切り開くことです。この時、内臓を傷つけないように先が丸い包丁を使います。内臓、口、目を取り除いたら、水洗い。後は天日で干して、その日の夕方には干し上がります(機械乾燥の場合はもう少し時間がかかります)。翌日、干し上がったスルメの形を整えて完成です。 こうして出来上がった昔ながらの前浜の干スルメ、表面の中心部分が黒く仕上がります。
表面が黒い干スルメは、鮮度抜群のイカと手早い作業の証です。干スルメを選ぶ時は、この表面の色にご注目ください!

【注意事項】
この商品へお問合せはメールでお気軽にどうぞ。

陶器ご注文時には同梱して発送いたします。スルメの香りが気になる方は別発送(送料別)をご相談下さい。
スルメだけのご注文もお気軽にどうぞ♪